読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさんぱす日記

日々の家事・育児・仕事などなど

他人を頼るということ

二人目の子どもを出産するにあたり、家事・育児の負担が軽減されるサービスは使えるだけ使おうと考えている。

ここ数日、サービス利用の打ち合わせで人に会ったり電話したりする機会がぐんと増えた。

家事のサポート

家事のサポートを依頼するために、簡単な表を作って打ち合わせに臨んだ。
f:id:usanpass:20160128215826j:plain

見る人によっては機械的?でイヤかもしれないけど、私がやるならこういうのがあった方がやりやすいかなーと思ったので・・。

打ち合わせの後、この内容で週3-4日で自宅に来てくれるボランティアさん(有償)が見つかった。

他人に家事をやってもらうなんて初めての経験なのでドキドキする!


育児のサポート

自治体でやっているファミリーサポートセンター

職場復帰するときに登録していたけれど、まだ使ったことがなかった。

娘の保育園は自宅から少々遠くて私が送迎するときは路線バスを利用しているが、ベビーカーごとバスに乗せるのが結構大変。

ベビーカーから降ろして歩くことも出来るが、抱っこを求められることが多くてやっぱり大変。

保育園に送って帰宅すると1時間程かかってしまう。

出産の1週間前に夫が宿泊で出張するので、その時の送迎をお願いしたいと依頼した。

また、産後は赤ちゃんを連れての送迎は難しいと感じたので、夫の送迎が出来ないときにお願いしたいと伝えた。


有償とはいえ、乳児の送迎なんてそんな面倒なことをやってくれる人がいるのだろうか・・・

まー無理ならタクシー使って乗り切ればいいかな・・・と期待せずに連絡した。

「○○さんですね、お子さんは1歳で○○保育園に通っていますね。ではお願いできそうな方を探してご連絡します」

予め登録は済ませていたので、名前を伝えるだけで情報が出てきて話が早い。


そして翌日。

センターから折り返しの連絡があり、「ご自宅の近くですと車で送迎可能な方とバスで送迎可能な方がいます。どちらにしますか?」とのこと。

「都合が合えばどちらでも」と返事をする。

数分後に「車で送迎可能な方に連絡したら引き受けてくださるとの事です。○日に打ち合わせできますか?打ち合わせ用紙に記入して当日お持ちください。」

おおおーーーー、やってくれる人、いるんだーーーー。



打ち合わせ当日。

娘を連れて顔合わせを兼ねての打ち合わせを、援助してくれる人の自宅で行う。

娘は終始機嫌が良くて助かった。

そして詳細を話し合い、正式に引き受けてもらえることが決まった。


帰宅した夫に一部始終話すと「そんな面倒なことをそんな料金で引き受けてくれる人がいるなんてすごい」と驚いていた。


ファミリーサポートに連絡する前は「自分がお迎えに行けない時は親に来てもらうから必要ないよ」と言っていた。

そうなると夫の実家から1時間以上かけて義母に来てもらい、送迎してもらうことになる。

朝早いから前日から来るの?そんなこと、出張の度に(月に3回ぐらいある)お願いするなんて出来ない・・・・

お願いすればきっと快く引き受けてくれるだろうけど・・・



困ったとき、誰に頼る?

実家の近くに住んでいる人ならなんでもないことだろうけど、実家が遠かったり親に頼れない人はこんな時困る。

保育園に連れて行けないなら自宅で見ればいいだけのことだけど、手術後の身体で授乳をしながら娘の食事・遊びを世話して1日を乗り切る自信がない。

そもそも、そういう状況になるなら二人目はもっと先に出産すべきだった?

そんなことまで考えないといけないのかな・・・

困ったときに近所に助けてくれる人がいるならば、そういう制度があるならば、どんどん頼ってもいいよね?

親なら電話1本で来てくれて、あーだこーだ喧嘩したり遠慮したりしながら、至れり尽くせりやってくれるけど、親にだって生活があるし都合もある。

年齢や健康の問題もある。

頼られることは親にとって喜ばしいことだろうけど、それを逆手にとって便利に使うのは私はどうしても抵抗がある。

単に私が実母との関係が上手く築けていないからそう考えるのかもしれないけど・・・

(最近は、他人というか知人のように丁寧に接するのがいい距離感かなーと・・・)

親に頼らなくても日々の暮らしは上手く回って、親は都合の良いときに孫に会いに来ればいい。

私はそんな産後を過ごしたい。


そのために、来週も打ち合わせがあるので、がんばります(笑)

汚部屋進捗状況

不要な物を捨てたけど、写真の死角にはいっぱい物が置いてあります。
エアコンも設置しました!
f:id:usanpass:20160128215848j:plain



にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ